ベンチャーとは?スタートアップとの違いや意味を解説

山田太郎
起業について興味が出てきたけど、初めから自分で独立や開業をするのは怖いなぁ。
ベンチャー企業とかで少し経験を積んでみたいな。

生き生き起業家藤田
そうだよね。大学在学中に起業したり、社会人経験を積まないで起業をする人もいるけどそれはごく少数だね。
山田君が言うようにまずはベンチャー企業やスタートアップなんかで経験や人脈を得てから起業するのが王道だね。

山田太郎
やっぱりそうだよね。
ベンチャーっていうのは聞いたことがあるけど、スタートアップって何?
ベンチャーとは何が違うの!?

生き生き起業家藤田
ベンチャーは聞きなじみがあるかもしれないけど、スタートアップはあまり知らない人も多いかもね。
起業を志す人の中ではごく当たり前のように出てくる言葉だからベンチャーとの違いは覚えておいた方がいいかもしれないね。
じゃあ、今回はベンチャーとスタートアップの違いについて話しをしていくね。

そもそもベンチャーとは?

ベンチャーというといわゆる、ベンチャー企業だとか若者が昼夜を問わず働きまくっているイメージですよね。

そのイメージは間違ってはいないとは思うのですが、ベンチャーという意味とイコールではありません。

ベンチャーとは、企業もしくは個人が新規事業を開始することを言います、実際の意味では新しい分野の市場開拓や新しい技術やイノベーションを創造するようなクリエイティブな言葉として使用されることが多いです。

このベンチャーと言う言葉、横文字(カタカナ)なので英語由来だと考えられやすいですが、本当は日本ベンチャー学会特別顧問でもある清成忠男氏らによって作り出された概念・和製英語であり英語圏の国ではベンチャーと話しても伝わりません。

英語では、startup companyやstartupと呼ばれています。日本ではこのスタートアップという言葉をIT業界を中心に使われることが多く、意味としても異なるニュアンスで使われています。

アメリカ合衆国では?

ベンチャーの本場でもあるアメリカ合衆国では、シリコンバレーで上場志向の会社が多く誕生し、そして急成長を遂げていった。そこには起業家と投資家(いわゆるベンチャーキャピタルやエンジェル投資家達)の役割が明確に分離されていて双方のメリットを徹底的に追及していった。そのため大学などで最先端技術や技能を学んだ意欲のある若者がシリコンバレーで起業し投資家達に資金援助をしてもらっていった。

投資家達が投資するのは企業の株式や転換付き社債なので有利子負債(借金)が増えず起業家たちにとってはリスクが少なく、そして投資家達は上場などの企業価値向上のタイミングで大きな資金回収をするためしっかりと目利きを行い投資をしていった。こういった投資家と起業家が共生するような形で誕生していったのがアメリカで言うところのスタートアップ(いわゆるベンチャー企業)であり、上場を目的としている企業群です。

 

日本では?

日本では、1970年代に第一次ベンチャーブームが訪れ、ベンチャー企業に対する投資という形態の投資が誕生したためベンチャー企業が初めて誕生するに至りました。そこで誕生したのは日本電産や高給で有名なキーエンスです。

その後、1980年代にベンチャーキャピタルが増加したことによる第二次ベンチャーブームが起こり、メカトロニクスやエレクトロニクスといった企業例えば、ソフトバンクやカプコンなどが誕生しました。

東証マザーズなどの上場要件が緩和された市場が整備されたことで第三次ベンチャーブームが1990年代に起こり、楽天やDeNA、サイバーエージェントが誕生しました。

ベンチャーとスタートアップの違いは?

スタートアップとベンチャーは一緒くたにされることもありますが、それぞれには大きな違いがあります。それはビジョンでもあり目的の部分が大きく異なっています。

 

ベンチャー企業の大きな目的は最先端の技術やビジネスモデルを用い、中長期的に問題解決をしていくことを企業理念に掲げますが、スタートアップでは中長期的な視点も勿論あるとは思いますが、一番大きな目的は短期間での上場や企業売却による創業者(株主)利得を得ることが目的になっています。

 

ただ、どちらにしても新しい技術やビジネスモデルで世の中の困難を解決するソリューションを提供していくというビジョンがあるので、どちらがいいということやどちらの方が優れているということはないですね。

 

お金持ち

お金を稼ぐことは悪いことだという人がいるがそれは、平等や公正といった1億総中流の日本の教育を受け、全く疑問を持たなかった人が自分達が教えられてきた全てにおいて平等が正しくないということを理解したくないだけなんだ!!

お金を稼ぐことは悪いことではない!人にメリットを与えることができた対価が報酬でありお金なんだ!!たくさんお金を稼ぐのはむしろいいことなんだ!!!!!

今は起業しやすいタイミングなのか?

今は、起業しやすいタイミングなのでしょうか?

それは、一概には答えることはできないでしょう。なぜなら、それぞれの持っているバックグラウンドや資産背景、経験、人脈は違うのですから、、

 

ただ、時代という側面でいうと今(これから)は起業するのに良いタイミングでしょう。

 

世の中は、コロナウイルスなどで大きく騒がれていますが、株価も大きく上昇しており、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家達のマインドもアメリカのそれに近づいてきています。

政府の起業支援や自治体のローカルベンチャー支援(参考記事:

)、クラウドファンディング、簡単に始められるネットショップなども充実してきました。

 

世の中も一つの会社にずっとしがみつくのが普通ではないという年功序列社会に疑問も持ち始めています。ビジネスの大小は関係なく少しずつ起業することができる時代になってきていますし、資金調達やアドバイスをしてくれる人材も多くなってきています。

 

ね?挑戦するには良い時代になってきているでしょう?

 

いきなり大海原に飛び込まないで自分のペースで努力していきましょう!

おすすめの記事